なんばんの粕漬け

そういや帰ってきたらライブドアデパートで注文した「なんばんの粕漬け」が届いていた。
やまけん氏が「最強ごはんの友」というから試しに買ってみたんだが。
うーん、辛い。ぴりぴり来る。まあでも辛い物好きの自分にとっては別に困る辛さではない。この辛さ自体は癖になるかも知れない。
…しかし甘すぎる。元の酒粕が甘いせいなんだろうかご飯の友にするには甘すぎるくらい甘い。上から醤油をかけて甘さを消してみる。これでまあ多少行けるが、それにしても駄目だこりゃ。
俺:「…甘すぎるねこりゃ」
親:「…うん」
俺:「なんか調味料としても使えるらしいから適当に使っちゃって」
糸冬。つぶあぶら入りの方が多少甘みが抑えめでいいかも知れぬが、でもちりめん山椒の方が100倍ご飯の友になるな。
残念ながらどうも彼とは嗜好が合わないようだ。小田急で試した唯我独尊のカレーもはっきり言って不味いと俺は感じたし。まあ、人それぞれってことですな。

Va Bene

以前駒場に”Va Bene”というテラスのあるイタリアンレストランがあって、えらくお気に入りだったのですがいつの間にかなくなってしまっていました。かれこれ3年は前になるのでしょうか。
改めてショックだったなぁ。どっかに移ってたとしてもあの空間は他に代えられるものじゃないしな…
ある一定以上の評価を下せる場所って言うのは、他で代用が利かなくなるんだよねぇ。例え客観的にはそれ以上高い評価の空間を引っ張ってきてもね(おまけに方向性が同じという条件まで付けてやったとしても、だ。)
想い出の有無は問題じゃなく。
と考えたのだが、実は「ある一定以上の評価を下せる」=「想い出となる」ということであり、それ故他で代用が利かなくなると考えた方が自然な気がしてきた。
↑ちと脈絡ない話なのは酔ってるせい

午前2時くらい(現地は1時くらい)

って訳でシンガポールにおります。現地時間午後6時くらいに着きました。(こっちは東京竏窒P時間)
やっぱビジネスは楽ですな。前回もそうでしたけど。ただ、前はJLだったのをSQにしてみました。ほんとはマイレージの関係的にはJLの方がいいんですが、前回帰りの飛行機がしょぼくて足がパンパンにむくんで数日直らなかったので、行きも帰りも飛行機が良かったSQにしてみようと。基本的にここって評価高いし。
今日はチェックインして晩飯食ったくらい。
ってことでそれが写真のシンガポール名物チキンライス(海南鶏飯)。Raffles The Plazaのルームサービスです。
明日から仕事。向こうの場所の都合で明日だけは遅めに始まるのが嬉しいところ。
さて寝ますか。
2003-12-15.jpg