久しぶりに刺さった記事

脳内チップで直接機器操作に成功

科学者は、運動を司る脳内領域に100個の電極を持つ小さなシリコンチップを埋め込んだ。細胞の活動が記録され、コンピュータに送信され、そこで指令が変換され、患者は外部デバイスを動かしたり、制御したりできた。

すげえなぁ。まさにSFだ。

続きを読む 久しぶりに刺さった記事

さいはての島へ

ジブリの新作は「ゲド戦記」 宮崎駿さんの長男が監督
http://www.asahi.com/culture/update/1213/014.html

 「となりのトトロ」や「ハウルの動く城」などを製作してきたスタジオジブリが、宮崎駿監督(64)の長男吾朗さん(38)を監督に起用し、米ファンタジーの名作「ゲド戦記」を長編アニメ化する。13日、東宝が発表した。すでに製作に入っており、公開は来年7月の予定。

 吾朗さんは「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)の館長を01年10月の開館時から今年6月まで務めていたが、アニメ製作に携わるのは初めて。

 「ゲド戦記」は米国の女性作家アーシュラ・K・ル=グウィンが、大魔法使いゲドを主人公に68年から始めたシリーズ。岩波書店から全6巻が翻訳出版されている。映画は第3巻を基に、災いに覆われた世界を救おうとするゲドと、彼と共に旅する王子の成長を描く。

(12/14 0:24追記)
(さらにちと追記)

続きを読む さいはての島へ

SFベスト201

http://www.shinshokan.co.jp/sho/titles/25084-X.html

板倉さん経由。
自分はというと

祈りの海(グレッグ・イーガン)大森 望
《ハイペリオン》四部作(ダン・シモンズ)山岸 真 
順列都市(グレッグ・イーガン)大森 望
宇宙消失(グレッグ・イーガン)高橋良平
スノウ・クラッシュ(ニール・スティーヴンスン)森下一仁
80年代SF傑作選(小川隆・山岸真編)堺 三保
ディファレンス・エンジン(ウィリアム・ギブスン&ブルース・スターリング)山岸 真
模造記憶(フィリップ・K・ディック)森下一仁
たったひとつの冴えたやりかた(ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア)三村美衣
愛はさだめ、さだめは死(ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア)大森 望
クローム襲撃(ウィリアム・ギブスン)大森望
ニューロマンサー(ウィリアム・ギブスン)中村 融
堕ちた天使(マイケル・ムアコック)伊藤典夫
ロードマークス(ロジャー・ゼラズニイ)大森 望
砂のなかの扉(ロジャー・ゼラズニイ)三村美衣
星を継ぐもの(ジェイムズ・P・ホーガン)三村美衣
所有せざる人々(アーシュラ・K・ル・グィン)山岸 真
時は準宝石の螺旋のように(サミュエル・R・ディレーニ)大森 望
伝道の書に捧げる薔薇(ロジャー・ゼラズニイ)森下一仁
世界の中心で愛を叫んだけもの(ハーラン・エリスン)大森 望

ってことで20冊。なんか読んだけど忘れてるものがある気がしないでもないが…

続きを読む SFベスト201

光の王

祝文庫再販。

こういった機会があると改めて手に取れていいですな。
この小説、事前知識なしに読むととっかかりにくいのですが、読んでるうちに世界が見えてきて、
改めて最初から読み直そうと思える作品。

ということで、まだ触れたことのない人は世界が見えてくる時に期待してめげずに読んで下さい。

続きを読む 光の王