RAMEN EX 初日注文レビュー(豚天国&一風堂)

あの日清食品が、ラーメン店とコラボしてデリバリーサービス「RAMEN EX」を5/11スタートさせました。

まずは西麻布店でのデリバリーということで、幸い我が家はエリア内。

知り合いのラーメン店主の皆さんもデリバリーやテイクアウト、通販など工夫をこらして生き残りに必死なので、日清食品がどんな形でやっているかも参考にしてもらいたいと思いだったので早速初日に注文しました。

デリバリー業者はUber Eatsと出前館、となってましたが初日は出前館には検索しても出てきませんでした。登録が追いついてないのかな?ということでUber Eatsを選択。

二郎インスパイアで日清食品オリジナルの豚天国(これのみ1380円、他(無鉄砲、すみれ、ますたに、一風堂)は1080円ということで力入っていると判断)と、食べ慣れていて比較しやすい一風堂に。1000円以上の注文で100円オフのキャンペーン中、つまりなにか頼めば総額から100円は引かれる。

注文して20分ちょいで到着。準備にはあまり時間かからないんでしょうね。

まずは豚天国から。スープと具材の入った大どんぶりと(二層構造で具は取り外してスープのみレンジアップ)と、麺のみ入った小どんぶり、野菜の入った袋の3つで構成。

作り方が複雑なので別紙で説明書きがあります。

レンジアップする前の麺はこんな感じ。

スープと具材の入ったどんぶり(大)はこんな。具のお皿は外して(温めない)、スープのみレンジに入れて温め。

レンジアップすると麺はこんな感じになります。容器ごと量って440gくらいで、食べ終わった容器の重さが50gくらいだったんで、麺量茹で揚げで390gくらいってことになりますね。

盛り付けるとこんな出来上がりになりました。

そして一風堂。こちらはどんぶり1つとシンプル。具を取り出して麺とスープだけけレンジ。

具の皿を取り出すとこんな感じ。スープはゼリー状に固まっていて、その上に麺が置かれている。

作り方はシンプルなので、留めていた帯の裏面に書いてあります。

レンジアップした麺の状態はこんな。焼けた感じになってる部分が気になる。

できあがりはこちら。白丸に似た仕上がり。

そして感想。

豚天国:
正直二郎系ってあんま好きじゃないんで店名上げて比較する事はできないけど味自体は麺もスープも決して悪くないのでは。ただ厚さ2〜3mmのチャーシュー(敢えて「豚」とは言わない、言えない)は二郎系としてはいただけない。

一風堂:
白丸名乗ってないだけあってスープの味がなんか違う。麺も一風堂で食べるのに比べると小麦感とか弱く、いずれも味は悪くないものの店の白丸と比較してしまい、そうするとなんかコレジャナイ感がある。ちなみに麺の焼けは味には影響ないと両方の注意書きに書かれていたが、全くないということはないな…

まとめると、どちらも高い。特に豚天国は1380円+デリバリー代って言うのは、二郎系としては破格の高さで、それでこのチャーシューだとね。
近所にセブンイレブンあるなら、レンジアップの一風堂ととみ田の豚ラーメンあるからそれ買った方がだいぶ安いから良いと思いました。セブンイレブン、今回頼まなかったすみれもあるし。
しかも届いてからレンジアップする時間は2回に分けて。700Wなら合計12分、600Wだと14分。セブンイレブンのは一回で終わりですよ。

無鉄砲は一回試してみるかも知れないけど、もしもこのままの味だと、次はないかな。
でもきっとどんどん良くなっていくのでは、とも予想。日清舐めちゃいけないし、彼らも始めたばかりだから。